無垢じゃない家具ってどんなのー!? VOL.1

前回、「無垢って何なの?」VOL.1とVOL.2におきまして、無垢材でできた家具の定義とメリット・デメリットについて、かなり主観を交えながらお話ししましたが、「え? 家具ってすべて無垢でできていると思ってた!」「無垢じゃない木製の家具はナニで出来てるの!?」「うちのは何なの!?」なんて疑問が沸々と湧き起っている人がそろそろいるはず。きっと。

ではリクエストにお応えしまして、今回は「無垢じゃない家具ってどんなのー!? VOL.1」 といったテーマでお送りします。
前回は無垢製家具の定義をお話しするにあたり、家具を構成する「大きな板」に注目しましたので、今回は「無垢ではない大きな板ができるまで」を(かなり端折って)ご説明したいと思います。

無垢ではない大きな板は一般的に、「フラッシュ」と言う工法で作られます。



●まず乾燥させた原木を、例えば大根の桂剥きのように薄くスライスして、厚さ0.2mm〜0.6mmの「突板」と呼ばれる材料をこしらえます。これが美しい木目の表面材になります。

●次に、「突板」を厚さ2mm〜5mm程度のさほど美しくない合板(ベニヤ)に貼り付け、「化粧合板」という物を作ります。この時点で大きな板にはなっていますが、いかんせん厚みが2.5mm〜5.5mmくらいしかありません。ペラペラです。※ココまで建材屋さんの仕事

●ではその次に、必要な大きな板のサイズに合わせて、まったく美しくはないけど頑丈な無垢の木をハシゴ状に組みます。これが「芯材」と呼ばれる骨組みです。※ココから家具職人さんの仕事

●さらにその次に、「芯材」と呼ばれる骨組の両面に接着剤で「化粧合板」を貼り、プレス機という鯛焼き機のお化けのような機械で圧着します。

●いよいよ最後。「木口」と呼ばれる食パンの耳に当たるの部分に、「面材」と呼ばれる無垢材(突板と同じ材料)を手で貼って「フラッシュパネル」という大きな板の完成です。

上のじょうずな絵だけでもお解りだと思いますが、無垢は中がぎっしり詰まった木の塊りに対して、フラッシュパネルは芯材が無い部分は中空です。※そうじゃない場合もあります。またお話ししますね。

こういったことから、無垢の家具しか家具と認めない!な〜んて思っている一部の方から「合板だってwww」と言われたり、「張りぼてwww」などと揶揄されることがありますが、無垢の家具もフラッシュの家具も得意とするナッシュ ファニチャークラフツメンとしましては、けっしてそんなことはない!と断固として言いきります。フラッシュ家具の魅力や、フラッシュ工法でしか実現できない事がたくさんあるのです。
次回VOL.2では、そういったフラッシュ家具の特徴やメリットにも迫ります。お楽しみにー!

以上、ナッシュメンでした♪


【特典画像】

実写(サンプル)です。 チークという高級材です。


挿し絵も撮影も手を抜きません!

ブラボー!善一高デザイン科

ナッシュ ファニチャークラフツメンは香川県の西讃(せいさん)地区に位置し、燧灘(ひうちなだ)に面したとても温暖な場所にあります。

かつては港町として大いに栄え、当社の母屋も「柏屋」という商店を営んでおりました。


そんな仁尾町の今と昔をアートでつなごうと、県立善通寺第一高校 デザイン科3年生35人が、現在も商店のなごりが多く残る「屋号」に注目し、オリジナルの旗で町を彩るプロジェクトを企画。

一から染物を勉強して何度も失敗を繰り返し、七か月間の努力が実を結びようやく本日「屋号吊り下げ旗」が設置されました!


美しい藍色に染められた屋号がそれぞれの軒下で風になびくその風景は、かつての賑わいあふれる港町を想像させてくれました。ありがとう生徒諸君。

この吊り下げ旗は毎週土曜日10時頃から日没まで、約30軒のお宅で設置されます。(期間は未定)
皆さんもぜひ、古き良き仁尾の町の散策にお越ください。ナッシュも温かいコーヒーを入れてお待ちしていますよ。