はじまりました。

春の納品ラッシュです。

オーダー家具のご相談に来れるお方々の中で、新築をご検討中か着工間もないお客さまは少なくありません。

昨日、ご新築のお宅にテレビボードと本棚をご納品させて頂いたお客さまも、初めてお会いしたのは昨年の8月でした。

 

 

ご契約に至るまでの数か月のあいだ、使い勝手や材料の打合せを何度も何度も重ねるのですが、おうちを建てるお客さまにとっては家具だけではありません。照明器具や壁の色に至るまで決めなければいけないことは山のようにあり、お疲れのご様子をうかがうこともしばしば。お客さまのご負担にならによう歩調にも気をつけなければいけません。

 

ちなみに、今回お客さまからの頂いたAVボードのリクエストは、内法3メートル50センチの壁をいっぱいに使ってほしいと言うことと、フロートタイプ(宙に浮いた様に見せる)にしたいと言う事でした。

 

けれど収納量も多く、60インチのテレビが載って、しかも座ってもちょうどいい(笑)テレビボードを何も考えずに壁だけに固定するのはとても危険です…

 

 

そして本棚については、背中の板で壁のクロスを隠したくないというご要望が優先課題でした。

こうした壁の中央に取り付ける家具の場合、背中の板から壁に向かってしっかりしたビスで固定するのが一般的なのですが…

 

 

結果、テレビボードはフロートタイプでありながら自重を壁以外にも分散させる工夫を施し、建物に与える負担を大幅に減らすことができました。

ご覧のように本棚につきましても、お気に入りのクロスをしっかりお見せしつつ、びくともしない固定を施しました。

 

 

 

お客さまにとってはおうちも家具も、その他の備品もすべて大切な物と捉えています。

そして、うちでオーダーして頂いた家具が、お客さまのおうちと持ち物とうまく共存できるよう、心から願っています。

 

ごぶさたぶりでございます。

ごぶさたしております。皆さまお久しぶりでございます。約3ヶ月ぶりの投稿です。

 

昨年の11月から多忙を極め、寝食を忘れて今日まで仕事に邁進してまいりました。(ほんとです)

13物件、描いた図面の枚数は190枚。修正は軽くその3倍はあったでしょうか。(ほんとです)

 

これらは様々な施設用家具の設計図のみの仕事なのですが、毎日が〆切りでした。でもそのような殺人的なスケジュールにもようやく先が見えてきました。(ほっとしています)

 

 

設計業務が一段落したあと、春先にお引越しを予定しているお客さま達の家具の納品ラッシュを迎えます。

これも数か月前からお客さまと何度も打合せを重ねた集大成です。喜んで頂けることを願いながら、職人たちもいっしょうけんめい作っています。

 

多忙はたいへんですが苦ではありません。やりきった時の達成感やお客さまの笑顔は何物にも変えられませんー

 

 

これからは私どもの安否確認も兼ねて(笑)ブログ投稿の頻度をあげていきたいと思います。(今なら何でもできそうな気がします)

マニアックでつまらないお話しもあるかと思いますが、どうか皆さんお付き合いくださいませ。